脇の黒いシミを治すには?黒ずみの原因をなくして綺麗な脇に!

突然脇に現れた黒いシミ!

 

半年ほど前の、ある日の夜のこと。

 

私はお風呂に入ろうと脱衣所で服を抜いていました。

 

キャミソールを脱ごうとしたその時、ふと脱衣所の鏡が目に入ったんです。

 

 

ん?脇が黒い…?

 

 

 

 

最初は影になっているだけかと思いましたが、そのまま鏡の方に歩いて行っても脇は黒いまま。

 

よくよく見てみると、影のように脇の下に広がったシミだったんです。

 

要するに黒ずみてやつですね。

 

 

 

「ギャー!!」って叫びたい気持ちでしたよ。

 

 

 

なんせ、その時の季節は夏。

 

その日も脇全開の涼しい格好で大学に行き、講義を受けたりしてきたんです。

 

ひょっとして、友達にこのシミ見られ放題だった…?と考えると恥ずかしすぎます!

 

しかもこのシミがいつできたか分からないので、「あの時やあの時も!?」と悪い想像がどんどん

 

膨らんでいきそうになりました。

 

 

 

でも過去のことを後悔してもしょうがない!と何とか割り切ることに。

 

昨日汚かったとしても、今日綺麗なら「脇汚い女」の汚名は返上できるはず、と思ったんです。

 

そして、急いで黒ずみ対策を勉強し、やってみることを決意しました。

 

脇の黒ずみができる原因

 

 

 

対策を始める前に気になったのは、「なんで急に黒ずみができたのか?」ということでした。

 

私は脇毛がポツポツ出て黒くなることはあっても、これまで脇が黒ずんだことなどなかったのです。

 

それが急に黒ずんだのはなぜでしょう?

 

ネットで調べたところ、脇の黒ずみには主に3つの要因があるようです。

 

 

脇毛処理などの刺激

 

 

 

一つ目の理由は脇への刺激による色素沈着です。

 

脇への刺激で特に多いのが脇毛処理によるもの。

 

まぁ、いきなりビンゴっぽいですが…。

 

 

 

実は、脇毛を自分で剃ったり抜いたりして肌が傷つくと、肌を守るためにメラニンというものが

 

角質層の奥から分泌されます。

 

そう、シミの原因になるメラニン色素です。

 

女性なら名前くらいは聞いたことあると思いますが、メラニンは紫外線の影響だけじゃなく、

 

傷などでも分泌されるんですね。

 

このように傷や刺激によってつくシミを色素沈着と言います。

 

 

 

脇の刺激による色素沈着は他にも、美容クリニックなどでの刺激の強い脱毛や、身体を洗う時に

 

ナイロンタオルなどでゴシゴシこすり過ぎることでも発生することがあるようです。

 

私はあまり脇毛があまり濃い方ではなく、たまーに自分で剃る程度だったのですが、

 

ひょっとしたらこれが原因の可能性もあります。

 

そうなると、これまで色素沈着ができなかったのは運が良かっただけかもしれませんね…。

 

 

脇の乾燥

 

 

 

肌へ刺激がある場合と同じように、肌が乾燥することでもメラニンは分泌されます。

 

汗が多い部分だけに「脇が乾燥することなんてあるの?」って思いますが、実は汗が乾いた後に

 

皮膚の水分を丸ごと奪って乾燥したり、ピチピチの服を着ている場合などは摩擦でこすれたりと、

 

乾燥しやすい場所なんだそうです。

 

かゆみがあったりするのは、その乾燥が原因の1つだったりもします。

 

 

 

肌が乾燥してしまうと、ターンオーバーという肌の生まれ変わりサイクルにも影響が出て、

 

色素沈着がなかなか落ちにくくなったり、古い角質が上手く剥がれずと別の黒ずみの原因にもなります。

 

 

 

また、色素沈着は何度も繰り返すとどんどん色が濃くなり、濃くなるほどに取るのが難しくなります。

 

「脇 黒ずみ」などで画像検索すると、かなり黒ずみがひどい状態の脇も見ることができます(閲覧注意)が、

 

ここまで来ると、素人目に見ても治すのは難しそうです。

 

なるべく早めのうちに黒ずみ対策をして、しっかり取り除いておきたいですね。

 

 

古い角質・毛穴の詰まり

 

 

 

乾燥のところでも少し出てきましたが、こちらは色素沈着とは別の黒ずみです。

 

ターンオーバーが乱れる、お風呂で角質汚れが落としきれていないなどの理由によって、

 

古い角質がそのまま残り、分厚くなって黒ずんで見えるというもの。

 

脇は皮脂が多い部分でもあるため、黒ずみだけでなく毛穴から空気に触れて酸化した皮脂が

 

黒くポツポツ見えたり、ニキビのような炎症ができたり、結構不潔な状態です。

 

 

 

こうなってしまう理由として乾燥以外によくあるのが、制汗スプレー・デオドラントスプレーなどを

 

使った後にスプレーを落としきれず、角質が固まったり、毛穴が詰まってしまうというもの。

 

また、黒ずみを気にするあまり、脇にファンデーションを塗る人もいるようですが、

 

これも詰まりの原因になります。

 

脇のにおいや黒ずみに敏感な人ほど、このような罠に陥りやすいので、やりすぎなケアには

 

くれぐれも気をつけましょう。

 

 

 

 

 

3つの大きな黒ずみ原因を挙げましたが、あなたは思い当たるものありましたか?

 

私は脇毛処理の可能性が高そうですが、他の2つも全くないとは言い切れず…な状態でした。

 

私のようになかなか原因を1つに絞るのが難しい人も多いかもしれませんね。

 

黒ずみを抑える方法!

 

 

 

黒ずみを治す方法としては、自分で治す方法、エステ・クリニックなどで黒ずみを取ってもらう方法

 

2つがあります。

 

もちろん、エステ・クリニックで黒ずみを取ってもらう方法の方が即効性があってすぐに治ります。

 

ただ、まぁ高いですよね…。

 

大学生の私に脇だけでそんなにお金をかける余裕はありません。

 

 

 

 

 

一方、家で脇の黒ずみを治すためには、多少時間がかかります。

 

最低でも2,3か月は見ておく必要がありますね。

 

で、具体的な治し方ですが、大きく2つのステップが必要です。

 

  • 黒ずみの原因を絶つ
  • ターンオーバーを促して、メラニンを排出 or 古い角質を除去する

 

他にもピーリングなどで手早く治す方法もありますが、脇の皮膚は弱いですし、やり方を間違えると

 

肌荒れや黒ずみを悪化させることもあるので個人的にはおすすめしません。

 

ここは時間がかかってもなるべく堅実な方法でいきましょう。

 

 

 

という訳でまずは、黒ずみの原因となるものを絶つ対策からご紹介します。

 

 

脇のムダ毛処理のやり方を変える

 

 

 

脇毛処理で抜く、剃るという方法を使っている方は、まずこの方法を変えましょう。

 

 

 

毛抜きは色素沈着が出るだけでなく、埋没毛(角質に毛が詰まってしまう状態)や、

 

毛穴が開ききって皮脂が詰まりやすくなるなど、黒ずみの原因になることだらけ。

 

剃る場合も色素沈着だけでなく、カミソリ負けなどで肌荒れになることもあります。

 

 

 

こういった黒ずみさせやすい方法に代わっておすすめなのは、除毛クリームを使った処理です。

 

こちらも刺激がゼロって訳ではないですが、抜く・剃るよりはマシ。

 

除毛クリームで刺激を少なくするポイントは

 

  • なるべく刺激の弱い除毛クリームを使う
  • クリームをケチらず使う
  • 除毛した後はしっかり保湿
  • 除毛のペースは1週間から2週間くらいは開ける

 

ってことですね。

 

脇の脱毛にそこまでお金をかけられない人はまずこれを試してみてはいかがでしょうか。

 

これまで剃っていた私も除毛クリームを使う方法に切り替えました。

 

除毛クリームは刺激が少ないと言われる「パイナップル豆乳除毛クリーム」

 

を使ってます。

 



 

 

 

 

他には家庭用の脱毛器を使うって方法もあります。

 

エステなどで行う光脱毛の家庭用で、「ケノン」などが有名です。

 



 

 

こちらも低刺激で綺麗に脇毛処理することができますよ。

 

もちろん、正しく使わないと危ないですけどね。

 

値段は約7万円とかなり高額ですが、脇以外の部位にも使えますし、

 

家で本格的な脱毛をしたい方は奮発してみるのもありかもしれませんね。

 

 

 

あとはもちろん、お店で永久脱毛するって手もあります。

 

これなら脇毛処理による黒ずみを気にする必要はなくなりますし、処理の手間も省けます。

 

まぁお金は10万円以上かかるので、おいそれとはできませんが…。

 

 

脇を乾燥させない

 

 

 

脇の乾燥対策としては、他の部位と同様に保湿することが大切になってきます。

 

脇毛処理後やお風呂上がりといった時には、必ず保湿するようにしましょう。

 

脇専用の保湿クリームは↓で紹介してますが、もちろん、普段使っている化粧水などでも

 

保湿効果はあるので、是非すぐにでも始めてください。

 

 

 

あとは服装選びも大事です。

 

下着や衣類はきつすぎるものは避け、なるべく汗を吸収しやすいものを選んでください。

 

汗を吸収しやすい素材と言えば例えばコットン、シルクのような天然素材ですね。

 

ナイロンなどゴワゴワして汗を吸わない素材はそれだけ摩擦が起きやすくなります。

 

それ以外にも、なんとなく着心地が悪い、違和感を感じるようなものは肌に合っていないことが多いです。

 

 

脇を清潔に保つ

 

 

 

古い角質が剥がれずに溜まってできた黒ずみや、毛穴に皮脂が詰まっている状態を防ぐには

 

やはり脇を清潔にすることが第一になります。

 

 

 

そのためにまずは、脇を綺麗に洗うこと、ですね。

 

ボディソープを使って毎日しっかり洗ってください。

 

洗うときは、ボディソープの泡をしっかり荒立てネットなどで泡立て、手で洗ってくださいね。

 

ナイロンタオルでゴシゴシは摩擦で傷ついてしまうので、手で優しくです。

 

 

 

また、毛穴に皮脂が溜まっている場合、週1回程度クレンジングを使うのも良いそうです。

 

クレンジングは普通の化粧落とす用のものでOK。

 

クレンジングは毛穴の油汚れをしっかり落としてくれるので、皮脂汚れが目立つ人には

 

ぴったりなんですって。

 

 

 

毛穴詰まりを起こしてしまう制汗剤・デオドラント剤についてですが、

 

私は黒ずみが治るまでの間、グッと堪えて使うのを止めました。

 

もちろん、黒ずみ隠しのファンデーションもしていません。

 

一時的にでも我慢した方が治りが早いと思ったからです。

 

この間は、なるべく脇を隠すようにして、汗もこまめに拭くように心がけました。

 

 

 

においが気になる人も多いと思いますが、私の場合は↓で紹介するクリームを使うことで、

 

最低限のにおい対策はできていたかな?と思います。

 

(わきがの人など、デオドラント剤を使わないって訳にはいかない人もいると思いますが、

 

その場合はスプレーのように毛穴を塞ぎやすいものではなく、クリームタイプのものがおすすめです。)

 

肌のターンオーバーを促進する方法!

 

 

 

しっかり黒ずみの原因を抑えることができたら、今度はターンオーバーを正常化し、

 

促進するための対策です。

 

ターンオーバーは20代の早い人で28日くらいの周期と言われているので、数日で効果が出る訳ではなく、

 

最低1か月以上は続ける必要があることを覚えておいてください。

 

 

生活習慣を整える

 

 

 

まずは身体の内側からターンオーバーを促進する方法です。

 

大事なのは食事と睡眠!

 

美容の基本ですよね。

 

 

 

まず食事についてですが、ターンオーバーに欠かせないのがビタミン類とタンパク質です。

 

特にビタミンCはターンオーバーを促進するだけでなく、メラニンによる黒ずみを薄くしてくれる効果も

 

期待できるので、しっかり食べておきたいところ。

 

ビタミンCはレモン・オレンジなどの柑橘系果物、ピーマンやブロッコリーなどの野菜類、

 

ジャガイモ、さつまいもなどに含まれています。

 

 

 

その他にも、ターンオーバーに欠かせない成分(食品)として

 

  • 抗酸化作用や血行を良くするビタミンE(ナッツ類、植物油、とうがらしなど)
  • ターンオーバーを促進するビタミンA(鶏レバー、にんじん、かぼちゃなど)
  • 皮脂を抑えたり肌代謝を助けるビタミンB2・B6(魚類、豚肉、レバー、にんにくなど)
  • 皮膚の原料となるたんぱく質(肉類、魚類、大豆食品、卵など)
  • 皮膚を生成するのに必要な亜鉛(牡蠣、うなぎ、チーズなど)

 

などがあります。

 

これらの食材はなるべく、積極的に食べていきたいですね。

 

 

 

 

 

また、食事と同じくらいに大事なのが睡眠です。

 

なぜなら、ターンオーバーは睡眠中に分泌される成長ホルモンがないと始まらないから。

 

でもただ長時間眠ればいい訳ではなく、成長ホルモンが多く分泌される寝始めの3時間に

 

質の良い睡眠がとれているかが大事なんです。

 

質の良い睡眠とは、要するにぐっすり眠れている状態のこと。

 

 

 

例えば寝る直前までテレビやスマホをいじっていたり、バタバタ動いていたりすると、

 

刺激で脳が興奮して寝つきが悪くなってしまいます。

 

寝る30分〜1時間くらい前には、テレビやスマホを止めて、リラックスして寝る状態を

 

作るようにしましょう。

 

 

美白・保湿・におい対策ができる脇用クリーム!

 

 

 

黒ずみ対策に便利な脇用クリームをご存知でしょうか?

 

このクリームにはターンオーバー促進、メラニン生成予防、保湿、消臭効果などがあり、

 

ここまで書いてきた黒ずみ対策を総合的にサポートしてくれる効果があるんです。

 

このような脇用クリームはいくつかありますが、私がおすすめするのは

 

「アットベリー」というジェルタイプのクリームです。

 

 



 

 

このアットベリーと他の商品との違いは何と言っても圧倒的なコスパ!

 

他の商品が30gで5,000円オーバーするところが、アットベリーは倍の60g入って定期コースで

 

初回2,980円なんです!

 

2回目以降は5,440円になりますが、これでも他の商品の倍くらいの容量なので、

 

単純計算で2倍くらいのコスパになります。

 

 

 

もちろん値段だけではなく、女性2、359人への黒ずみ専用コスメのアンケートでは

 

価格・信頼・安心安全・人気・満足度の5部門でNo.1になっています。

 

満足度でも1位になっているというのは、効果が実感できている人が多いってことですよね。

 

 

 

脇用クリームの使い方は簡単!

 

お風呂上がりと朝出かける前に脇に塗るだけ。

 

これで美白・保湿・消臭効果があるので、他の化粧水を使ったり、デオドラント剤を使ったりする

 

必要もありません。

 

他の余計な脇ケアをしなくて済むので楽なのはもちろん、脇を綺麗な状態に保つことに繋がりますよ!

 

 

「アットベリー」を使ってみて…

 

 

 

さて、私は肌のターンオーバーを促す働き、保湿効果、あとはデオドラント剤代わりも期待して、

 

アットベリーを購入しました。

 

最初はお風呂上がりと朝の2回塗るのがちょっとめんどくさいかと思いましたが、実際にやってみると、

 

そこまで苦労せずに続けられますね。

 

塗るのも2,3分あれば終わりますし、上でも書いた通り黒ずみを治すまではクリームしか

 

つけていなかったので、逆にデオドラント剤をしょっちょうスプレーする手間がなくて

 

楽だったくらいかもしれません。

 

 

 

で、肝心の効果の方ですが、私は1か月ちょっとで黒ずみが少し目立たなくなりました。

 

よし、これは行ける!と確信した私はその後も使い続け、使い始めて

 

約3か月くらいで黒ずみは消滅!!

 

 

 

結局完全に治った頃には夏は終わってましたけど(笑)、脇が堂々と見せられるようになって満足してます。

 

アットベリーは量が多いので、2個めの途中くらいでここまでいけました。

 

 

 

 

 

最後に私がやったことをまとめると

 

  • 脇毛処理の方法を剃る方法から除毛クリームに変えた
  • 普段はクリーム以外を脇につけず、脇をちゃんと洗うようにした
  • なるべく早寝早起きと野菜中心の食事を心がけた
  • アットベリーを朝晩つけた

 

この4つです。

 

食事や睡眠に関してはかなりルーズではありましたが、それでも綺麗に治ったのはクリームが

 

直接肌に栄養補給してくれていたからかもしれませんね。

 

脇の黒ずみを本格的に治したいなら、アットベリーかなりおすすめです!